ホーム > 新書 > 「徴用工」問題とは何か

中公新書

「徴用工」問題とは何か

朝鮮人労務動員の実態と日韓対立

波多野澄雄 著

2018年秋、韓国最高裁は「徴用工」訴訟で韓国人被害者への賠償を日本企業に命じた。日本の最高裁でも、韓国の高裁でも原告敗訴だったが、なぜそれが一転したか――。本書は、日本統治下の朝鮮人労務者の実態から、今なぜ問題が浮上したかまでを描く。この問題は、歴史的事実、総動員体制、戦後処理、植民地主義、歴史認識、国際法理解、司法の性格など多岐にわたる。それらを腑分けして解説、日韓和解の糸口を探る。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/12/22
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価本体820円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102624-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書