ホーム > ラクレ > 児童養護施設 施設長 殺害事件

中公新書ラクレ

児童養護施設 施設長 殺害事件

児童福祉制度の狭間に落ちた「子ども」たちの悲鳴

大藪謙介/間野まりえ 著

虐待を受けた子ども、身寄りのない子どもたちが暮らす児童養護施設。2019年、児童養護施設の元入所者が、誰よりも自分に救いの手を差しのべた施設長を殺害。不可解な事件の背景には児童福祉制度の構造的な問題があった。どんな境遇に生まれようが、子どもには等しく未来があるはずだ。そんな思いで筆者は立ち上がった。NHK総合「事件の涙 未来を見せたかった ~児童養護施設長殺害事件~」をもとに執筆した渾身のルポルタージュ。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/10/8
  • 判型新書判
  • ページ数256ページ
  • 定価946円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150743-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5