ホーム > ラクレ > 菅政権と米中危機

中公新書ラクレ

菅政権と米中危機

「大中華圏」と「日米豪印同盟」のはざまで

手嶋龍一/佐藤優 著

菅新政権の外交マシーンが動き出した。烈しい米大統領選を経て米国の対中姿勢は、一段と厳しさを増している。菅政権は、日米同盟を基軸に据えて、「習近平の中国」と対話をと目論んでいる。だが、北京は安倍政権のキングメーカーにして対中宥和派、二階俊博幹事長を通じて日米同盟に楔を打ち込もうと布石を打ちつつある。菅総理は、安倍辞任の空白を埋めて、緊迫の東アジアに戦略上の安定を創りだせるのか。知られざる「菅機関」の内実を明らかにしつつ、菅政権の前途に立ちはだかる懸案を読み解いていく。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/12/9
  • 判型新書判
  • ページ数232ページ
  • 定価924円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150710-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5