ホーム > ラクレ > 思春期に心が折れた時 親がすべきこと

中公新書ラクレ

不登校、うつ状態、発達障害

思春期に心が折れた時 親がすべきこと

コロナ禍でも「できる」解決のヒント

関谷秀子 著

うつ状態、摂食障害、発達障害 ……。心の悩みを抱えた思春期の子どもたちを病院に連れて行けば、すぐに病名が付き、薬も処方されます。けれど、どんな病名が付いたとしても、子どもの本当の悩みと向き合わずに問題が解決することはありません。思春期の子どもの心の悩みの背景には親子関係や両親の夫婦間関係の問題が隠れていることも多いのです。子どもが再び前向きに生きるために、親が家庭の中でできることがあるのです。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/10/8
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150703-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5