ホーム > 単行本 > たそがれてゆく子さん

単行本

たそがれてゆく子さん

伊藤比呂美 著

肩、膝、腰は凍りつき、なくす探すをくり返す。もんもんと考え、るると書く。犬どもを従え荒れ地を歩く。料理なんかする気もなかった――男が一人、老いて死んでいくのを看取るのは、ほんとうによかった。『閉経記』から五年。書くことで生き抜いてきた詩人の眼前に、今、広がる光景は。

書誌データ

  • 初版刊行日2018/8/20
  • 判型四六判
  • ページ数224ページ
  • 定価本体1400円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005111-1

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

関連書籍

単行本ニュース・トピックス

2019/07/08
『天使も怪物も眠る夜』刊行記念 吉田篤弘さんトーク&サイン会のお知らせ
2019/07/01
『あとは切手を、一枚貼るだけ』刊行記念 小川洋子さん×堀江敏幸さん トーク&サイン会のお知らせ
2019/06/18
『トランスファー』刊行記念 中江有里さんサイン会のお知らせ
2019/06/17
澤田瞳子著『落花』が直木賞候補にノミネート
2019/04/26
三浦しをん著『愛なき世界』が日本植物学会賞の特別賞を受賞

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5