バックナンバー

婦人公論 2018年7月10日号(6月26日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 安田成美

ご購入はこちら!

2018年7月10日号(6月26日発売)

[特集]

50代からは、
〝女の黄金期〟

介護や子育て、仕事など、それまで背負っていたものを下ろしたら、自由に使える時間も心の余裕もぐっと増えるはず。さあ、自分を優先して、好きなことを満喫するチャンスです。その一方で、人のために生きてきた慌ただしい毎日こそ輝けるひとときだと気づくことも。今この時を人生で一番の充実期に変える秘訣、ここにあります

読者アンケート結果発表! 110人が明かす、幸せの実感

「母」「妻」「娘」の役目を終えたら、
私の人生が輝き出した

もう自分をごまかさなくていい

大切なのは、ときめきと
飛び込む勇気とタイミング
残間里江子×三田寛子

更年期からの人生を健康に過ごす!

長生き時代、女の体を長持ちさせるには
対馬ルリ子

「ママ願望」だってあります!

下積み、遅咲き、熟年婚。
あらゆる経験が夢を引きよせた
LiLiCo

ルポ 親の鑑か、それとも「子どもの奴隷」か

いつまでも「卒母」できない女たち
吉田明美

乗り越えた今は、毎日が楽しい

傷ついて、苦しんで、
すべてを許し、離婚しました
神野美伽

読者体験手記

”泥沼期”にハマりまくって
●長年勤めていた会社を突然クビに! 難航する職探しと子どもの異変。そして親の病気が一気に押し寄せる(無職・55歳)
●仕事と介護の両立を目指し、私は会社を立ち上げた。ある日、若い男性から営業の電話が。これが悪夢の始まりだった(会社役員・57歳)

ペットも人も高齢化時代

ひとりの暮らしに、あるいは子どもが巣立った後の家庭に、動物たちは安らぎと温もりを与えてくれる心強い存在。しかし、ペットも私たちヒトも、年々老いを重ねていきます。愛する「わが子」が老いてからも支え続けるには? 私が死んだ後、お世話は誰にどう頼むのがいい? ――長生き時代ゆえの疑問や不安を一掃します

私の家族を紹介します

①西原理恵子さんの家からやってきた
愛猫トトと寄りそって、
私に芽生えた優しさ
角田光代

②顔ぶれを変えながら30年
犬10匹、猫1匹、
リクガメ1匹の大所帯
高橋惠子

Q&A その時がきても、慌てず対処

知っておきたい!
年を重ねた犬&猫のケア
須﨑恭彦

誰に頼む? お金はどう残す?

ペットのための
エンディングノートを書こう
服部 薫

被災地から来た生涯の友

保護犬、保護猫が
幸せになれる社会に
滝川クリステル

イラストエッセイ 老犬との別れを乗り越えて

柴犬ゴンが、家族に残してくれたもの
影山直美

[読み物]

表紙の私 撮影・篠山紀信

結婚の第二楽章に
安田成美

最愛の夫との別れ、自らの病を経て今

市原悦子
いろいろな人生を演じたけれど、
実体験は役柄を超えるものね

52歳になったいまも、全力で走り続けて

宮本浩次(エレファントカシマシ)
母の言葉が僕の歌を支えている

くり返される虐待

①脳科学の見地から
なぜ、再婚した母はわが子を死なせてしまったのか 池谷裕二

②元職員は訴える
子どもを救いたくても救えない
児童相談所の現状 山脇由貴子

障がい者雇用の現場から見えてきたもの

心の病や障害を”個性”にして
社会と繫がる道を拓こう
川島 薫

ルポルタージュ・時代を創る女たち

中園ミホ
闘う人に寄り添い、書き続ける
文・水田静子

ライフスタイル

ヘルシーキッチン……後味すっきりチャイニーズ 五十嵐美幸
プロ直伝 ビューティ・テクニック……原因は汗、皮脂、加齢……ニオイケアは大人のエチケット
心とからだの養生学……認知症を遠ざける”脳番地トレーニング”

連載

ジェーン・スー……スーダラ外伝
鈴木保奈美……獅子座、A型、丙午。
山口ミルコ……バブル――ボスと彼女のものがたり
川上弘美……三度目の恋
窪 美澄……たおやかに輪をえがいて
島本理生……2020年までの恋人たち
阿川佐和子……見上げれば三日月

大人の着こなしレッスン……石田純子

ご購入はこちら
ページの先頭へ