注目記事

「風水」で 良い気をいただく山と神社へ 李家幽竹

運気をもっと良くするために必要なのは植物のチカラ

風水では、運気は9年のサイクルで巡るとされ、2018年は「火の気」にあたります。これはサイクルの最初の年で“生命を司る”という意味があり、キーワードは「気づき」「輝き」「リスタート」。この先の人生を幸せなものにするために、今、停滞している理由や小さな癖に気づき、物事をリセットして新しく始めるのにふさわしい一年です。自分の思い通りに生き直す、願いを叶えるチャンスの年でもあります。
そんな「火の気」にエネルギーを吹き込んでくれるのが植物。火を燃やすのに必要なのは薪ですよね。18年は、植物が開運をサポートしてくれます。神社仏閣にあるご神木や花々には特別なパワーがあるので、そのパワーをいただいて、今年の運気を最大限にアップさせましょう。

(『婦人公論』2018年4月10日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2018年4月10日号(3月27日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 板谷由夏

2018年4月10日号(3月27日発売)

自立できない
子と私の未来設計

植物の力をもらえる
パワースポット

李家幽竹 「風水」で良い気を
小保方晴子 生きる迷いはもうありません
内田春菊×吉永みち子 対談
→目次へ
→ご購入はこちら
ページの先頭へ