注目記事

小山内美江子×小島慶子×安冨歩 息子の育て方

女優・高畑淳子さんの長男で俳優の高畑裕太氏が強姦致傷容疑で逮捕され、世間を驚かせた。その後、裕太氏は不起訴となり釈放されたが、この事件を機に、多くの母親たちから不安の声があがった。それは、母親にとって異性である息子を、どう育てるのか、ということ。シングルマザーとして息子を育て、思春期の子どもたちの葛藤をドラマ『3年B組金八先生』に描いてきた小山内美江子さん、現在、子育て真っ最中の小島慶子さん、そして「息子」に生まれながら“女性装”をしている東京大学教授の安冨歩さんに、母親と息子がどう向き合うか、また息子に限らず、子育てにおいて大切にしたいことについて話してもらった

男の子の生理は
よくわからない?

小島 今回のテーマは「男の子をどう育てるか」ですが、私、繰り返しいろいろな人から、「男の子の親って難しいでしょう」「わかんないでしょう」と言われるんです。でも、実をいうと、男だからわからないという感覚はないのです。息子でも娘でも、自分ではない人間のことはわからない(笑)。私自身、母から過干渉を受けて精神疾患になった経験から、「女どうしだからわかりあえる」という思い込みが“暴力”になりかねないと知っているので……。わかると思わないほうがいいんじゃないか、わからなくていいじゃん、という気持ちです。

(『婦人公論』2016年10月11日号より一部抜粋)

続きは本誌をご覧ください!

掲載号

婦人公論 2016年10月11日号(9月27日発売)
定価570円(本体価格528円)
表紙: 大地真央

2016年10月11日号(9月27日発売)

「親子貧困」に
陥らないために

秋に愉しむ
カルチャー ガイド

上野千鶴子×雨宮処凛 親子と貧困
小山内美江子×小島慶子×安冨歩 息子の育て方
川村元気 恋愛映画ガイド
→目次へ
売り切れ
ページの先頭へ