書籍情報

書籍詳細

八百万の神に問う3

CN-Fantasia

八百万の神に問う3

多崎礼 著

争いなき楽土にすら隣国・出散渡はその手を伸ばす。じわりじわりと楽土は侵蝕されていき、その魔手が『真の楽土』にまで迫ろうとした時、伝説の音導師イーオンがその前に立ちふさがった!

カバー:天野英
刊行日:2013/12/20
新書判/256ページ/定価:本体900円(税別)
ISBN978-4-12-501275-9 C0293


やおよろずのかみにとう3
あき


立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

この『八百万の神に問う』も、いよいよ三巻目。
『出会いの春』、『成長の夏』に続き、今回は『実りの秋』です。

『実り』とは、労働の対価です。生きていくための糧でもあります。将来得られるであろう豊かな実りを思えばこそ、辛い作業にも耐えられるというものです。
しかし現実は往々にして残酷です。どんなに種を蒔こうとも、それが結実するとは限りません。どんなに懊悩しようとも、誰も褒めてはくれません。たとえ全身全霊を傾けても、結果が伴わなければ世に認められることはありません。
結実しないかもしれないのに、どうして種を蒔くのか。頑張っても頑張っても辛いばかりで、見返りなんてないかもしれないのに、どうして耕し続けるのか。

それは、信じているから。
たとえ今は結果が見えなくても、種を蒔き続ければ、どこかで芽が出るかもしれない。古臭くていびつな種でも、いつかは花を咲かせ、実を結ぶかもしれない。その果実は誰かの渇いた喉を潤し、誰かの心を満たすかもしれない。

そんなことを考えながら、この『実りの秋』を書きました。
ご堪能いただけましたら幸いです。

〔多崎礼/2013年12月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター