書籍情報

書籍詳細

米中激突3

C★NOVELS

米中激突3
包囲下のパラオ

大石英司 著

パルーマ島での日韓軍と中国正規軍の戦いは、最終決戦を目前に停戦命令が下された。「パラオで問題発生、至急解決せよ」すぐさまパラオに向かった彼らを待っていたのは、最悪の展開で!?

カバー:安田忠幸
刊行日:2012/12/20
新書判/240ページ/定価:本体900円(税別)
ISBN978-4-12-501228-5 C0293


べいちゅうげきとつ3
ほういかのぱらお


立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


コメント

取材でパラオに行ってきました。かつては、ペリリュー島など、日本軍が玉砕した激戦の地。今はしかし平和な島となり、新婚さんのメッカです。その雄大な珊瑚礁地帯ロックアイランドは、今年の夏、世界遺産に登録されました。
しかし平和なこの島も、ご多分にもれず太平洋を巡る騒乱から無関係でいられるわけではありません。
この春には、中国の違法操業を巡り、双方に死者を出す事件もありました。僅か2万のパラオの民は、誇り高い民族です。そのプライドは、かつてここを植民地とした日本が、民族としての誇りと名誉の大切さを教育したことに起因します。
長らく、台湾を唯一の正当中国として承認してきましたが、まもなく香港からの直行便も飛び始め、パラオの政治自体、激動の時代を迎えようとしています。
かつて、日本がバブルの時代、ODAで作られた立派な橋や空港は今もパラオ島民の誇りですが、昨今その金額も減り、日本の影は年々薄くなるばかりで、来訪する観光客の数でも、台湾にその王座を譲りました。
この太平洋の平和を守るためにも、今一度、日本人が、この島の記憶を呼び覚ますことを祈りたいものです。

〔大石英司/2012年12月〕

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
C★NOVELS30周年&C★NOVELSファンタジア20周年 特別企画本[茅田砂胡 全仕事1993-2013]特設サイト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

モバイルサイト

ケータイからも各コンテンツが閲覧できます!

QRコードを読み取っていただくとモバイルサイトにアクセスできます!

QRコードが読み取れない方は、下記アドレスを入力して下さい。
http://www.chuko.co.jp/c-novels/m/

フリーワード検索

中公eブックス

Twitter

読書メーター