ホーム > 単行本 > 文春の流儀

単行本

文春の流儀

木俣正剛 著

『週刊文春』や『文藝春秋』の元編集長が経験した事件や出会った人々を綴る。取材の光と影、芥川賞・直木賞の舞台裏、昭和史を彩った出来事などを通して、マスコミの役割も見えてくる。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/3/9
  • 判型四六判
  • ページ数272ページ
  • 定価1980円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005410-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部: