ホーム > 単行本 > 『蝶々夫人』と日露戦争

単行本

『蝶々夫人』と日露戦争

大山久子の知られざる生涯

萩谷由喜子 著

大山久子の助力なしに、プッチーニ『蝶々夫人』の大成功はなく、その夫綱介の働きなくして、日本は日露戦争に勝てなかったろう。近代史に埋もれかけた外交官夫妻の功績が鮮やかに甦る。

書誌データ

  • 初版刊行日2018/2/22
  • 判型四六判
  • ページ数256ページ
  • 定価本体1800円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005052-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2019/01/11
『画家のむだ歩き』刊行記念、牧野伊三夫さん作品展とトークイベントのお知らせ
2019/01/10
塩谷歩波著『銭湯図解』公式Websiteと、Twitterアカウント開設のお知らせ
2018/12/25
『いい女、ふだんブッ散らかしており』刊行記念 阿川佐和子さんサイン会
2018/12/18
『風景論-変貌する地球と日本の記憶』(港千尋著)出版記念トークイベントのお知らせ
2018/12/05
『雪の階』が柴田錬三郎賞、毎日出版文化賞W受賞

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5