ホーム > 新書 > 明治維新と幕臣

中公新書

明治維新と幕臣

「ノンキャリア」の底力

門松秀樹 著

明治維新は、西郷隆盛・大久保利通・木戸孝允ら薩長土肥の志士が中心となって成し遂げたというイメージが強い。進取の気風に富む西南雄藩が、旧態依然たる江戸幕府に取って代わったのは、歴史的必然だったとさえ捉えられている。だが本当に幕府は無為無策で、すぐれた人材を欠いていたのか。本書は、行政実務に精通し、政権交代後も継続登用された中・下級の旧幕臣たちに光を当てるものである。明治維新への新たな視座。

書誌データ

  • 初版刊行日2014/11/25
  • 判型新書判
  • ページ数256ページ
  • 定価本体820円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102294-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本歴史2015年7月号
・図書新聞2015年6月13日
・北海道新聞2015年2月15日/落合弘樹(明治大学文学部教授)
・しんぶん赤旗2015年1月18日
・公明新聞2015年1月19日
・文藝春秋2015年2月号
・歴史群像2015年2月号/著者インタビュー
・朝日新聞(朝刊)2015年1月18日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5