ホーム > ラクレ > 親が子供に教える一生お金に苦労しない12の方法

中公新書ラクレ

親が子供に教える一生お金に苦労しない12の方法

荻原博子 著

 子どもには安定した豊かな生活を送ってほしい。当たり前の親心ですが、これからはなかなか難しくなりそうです。社会の変化のスピードは速くなり、一生懸命働いてさえいれば食べていける時代は終わりました。年金の支給開始年齢は上がり、老後資金も自分で用意しなければなりません。求められるのは、自分自身の判断でお金と上手く付き合っていくこと。その「上手な付き合い方」=マネーリテラシーを教えてあげることこそ、親が子どもに対してできる最高の贈り物です。 今の親世代は、自分の親とお金の話などしたことがないかもしれません。でも、普段からどんどん子どもとお金の話をすることで、子どもは自然とお金の知識が身につくもの。知ってさえいれば防げる失敗はたくさんあります。お金との付き合い方で、これだけは伝えたいポイントを、本書では十二章にまとめました。将来の当たり前の暮らしを守るために、子どもとたくさん話をして下さい。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/9/9
  • 判型新書判
  • ページ数224ページ
  • 定価902円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150739-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5