ホーム > 新書 > 小村寿太郎

中公新書

小村寿太郎

近代日本外交の体現者

片山慶隆 著

幕末に結んだ欧米列強との不平等条約の改正を目指し、一九〇〇年代に日英同盟、日露戦争、韓国併合を推進した外相・小村寿太郎。日向国飫肥(おび)藩の下級藩士に生まれた小村は、病弱で一五〇センチに満たない身長、非藩閥出身と恵まれない出自ながら、第一回文部省留学生としてハーバード大学に留学。抜群の語学力と高い交渉能力を身につけ、日本を「一等国」に引き上げた。帝国主義と国際協調の間を巧みに動いた外政家の真実。

書誌データ

  • 初版刊行日2011/12/20
  • 判型新書判
  • ページ数256ページ
  • 定価本体840円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102141-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書