ホーム > ラクレ > 統計学が日本を救う

中公新書ラクレ

統計学が日本を救う

少子高齢化、貧困、経済成長

西内啓 著

あらゆる権威やロジックを吹き飛ばして正解を導く「統計学」。「ビッグデータ」が重宝される風潮もあり、その影響は強まる一方だ。そうした中で統計学ブームの火付け役が少子高齢化や貧困などの難問に立ち向かう!出生率アップに必ず効く施策とは? 間もなく亡くなると分かっている人にどこまで医療費をかけるべき? 上海レベルの学力で税収爆増? この本は東京大学政策ビジョン研究センターの研究成果をまとめたもので、喫緊の課題の通説・俗説を統計学的にくつがえす、その切れ味は抜群。『統計学が最強の学問である』の第三弾が今秋刊行と、再び見込まれる統計学ブームのなかで話題になること間違いなし!

書誌データ

  • 初版刊行日2016/11/9
  • 判型新書判
  • ページ数232ページ
  • 定価本体780円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-150566-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

中公新書ラクレランキングベスト5

総合ランキングベスト5