ホーム > 新書 > 古代メソポタミア全史

中公新書

古代メソポタミア全史

シュメル、バビロニアからサーサーン朝ペルシアまで

小林登志子 著

人類初の文明は5500年前のメソポタミアに生まれた。灌漑農業、都市、文字など、現代でも必須な文明の要素は全てこのときにシュメル人が発明した。その後、「目には目を」で名高いハンムラビ王、初の世界帝国を築いた新アッシリアのアッシュル・バニパル王、「バビロン捕囚」で悪名高いネブカドネザル二世など数々の王たちが現れ、様々な民族の王朝が抗争を繰り広げる。イスラームの登場まで、4000年の興亡を巨細に描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/10/21
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価本体1000円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102613-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・読売新聞(朝刊)2020年10月26日/「編集手帳」


関連書籍

web中公新書