Comment

著者・イラストレーターコメント一覧

  • 覇権交代1  韓国参戦 

    大石英司 著
     前シリーズ8作から続く今シリーズを始めるにあたって、どうにもフィクションにしようがない現実と直面しました。まず香港。香港の自治、自由を巡る状況は、われわれの想定を越えて日々悪化し・・・
  • 不屈の海3  ビスマルク海夜襲 

    横山信義 著
     今回の「不屈の海」第四巻は、筆者がC★NOVELSに書かせていただくようになってから、丁度一〇〇冊目に当たります。 「へえ、いつの間にかそんな数になっていたのかあ」というのが、・・・
  • 不屈の海2  グアム沖空母決戦 

    横山信義 著
     六月よりスタートしました「不屈の海」、最初は第一巻のタイトルとして「『大和』暗殺」というものを準備していました。  宿毛湾における公試中の「大和」に対する攻撃は、戦術的奇襲よりも・・・
  • 消滅世界 下 

    大石英司 著
     この歳になって自分の人生を振り返ると、自分がなりたかった人間と、それとは別に、たぶんこうなっていただろう人生というのがあります。私は教職にあった父の姿を見ていて、職員室の人間関係・・・
  • 不屈の海1  「大和」撃沈指令 

    横山信義 著
     架空戦記のシリーズをスタートさせるに当たり、毎回頭を悩ませるのが「主な登場人物のポジションをどこに置くか」です。  戦闘シーンに迫力のある描写をしようと考えれば、艦長や砲術長、あ・・・
  • 消滅世界 上 

    大石英司 著
     私の読者の皆様なら、1994年に公開された「スターゲイト」という映画をご記憶でしょう。異星人が太古に地球に訪れ、他の惑星と結ぶスターゲイトという円環状の移動装置をエジプトに置いて・・・
  • 旭日、遥かなり8 

    横山信義 著
     第二次大戦の終盤は、日本にせよ、ドイツにせよ、戦力がじり貧となり、力が尽き果てて手を上げる、という終わり方でした。  リアリティを考えれば、架空戦記の幕引きも、史実と同じような「・・・
  • 第三次世界大戦8  フィンテックの戦場 

    大石英司 著
     あっという間に年も明けて、世界は冬期オリンピック・モードです。そして案の定、トランプ政権は「オリンピックがつつがなく開かれ、北と南が対話している限りは軍事攻撃はしない」と、北朝鮮・・・
  • 1

過去のコメントアーカイブ

BOC
茅田砂胡 プロジェクト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

フリーワード検索