書籍情報

書籍詳細

それをAIと呼ぶのは無理がある

単行本

それをAIと呼ぶのは無理がある

支倉凍砂 著

完璧な相棒を端末にダウンロードできたら、友達なんていらない!? でも現実の恋や夢は万能AIにも計算不能で……。生まれたときからAIに囲まれてきた「私」たちを描く、著者初の青春小説!

カバー:丹地陽子
刊行日:2020/11/24
四六判/256ページ/定価:本体1500円(税別)
ISBN978-412-005356-6


それをあいとよぶのはむりがある



立ち読みしてみる
この作品の冒頭20ページを無料でご覧いただけます。
オンライン立ち読みシステム!


BOC
茅田砂胡 プロジェクト
A-KOE

メールマガジン登録

新刊情報、裏話など最新情報を
お届けします

メールマガジンの登録・解除はこちらから

フリーワード検索