ホーム > 新書 > 天正伊賀の乱

中公新書

天正伊賀の乱

信長を本気にさせた伊賀衆の意地

和田裕弘 著

三重県西部の伊賀市・名張市エリアはかつて伊賀国と呼ばれた。戦国時代、この小国は統治者がおらず、在地領主たちが割拠していた。一五七九年、織田信長の次男信雄は独断でこの地に侵攻。挙国体制で迎え撃った伊賀衆は地の利を生かして巧みに抗戦し、信雄は惨敗を喫した。信長から厳しく叱責された信雄は翌々年、大軍勢を率いて再び襲いかかる――。文献を博捜した著者が、強大な外敵と伊賀衆が繰り広げた攻防を描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/5/20
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価968円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102645-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・読売新聞(朝刊)2021年6月9日/著者インタビュー


関連書籍

web中公新書