ホーム > 単行本 > 気がつけば、終着駅

単行本

気がつけば、終着駅

佐藤愛子 著

96歳を迎えた佐藤愛子さん。『婦人公論』への登場も半世紀あまりにおよぶ。初登場の「クサンチッペ党宣言」「再婚自由化時代」から、最新の橋田壽賀子さんとの対談まで、エッセイ、インタビューを織り交ぜた、選りすぐりの一冊。

書誌データ

  • 初版刊行日2019/12/9
  • 判型B6判変型
  • ページ数228ページ
  • 定価本体1200円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-005253-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部: