ホーム > 単行本 > 増補新版 イスラーム世界の論じ方

単行本

増補新版 イスラーム世界の論じ方

池内恵 著

日本の言説空間の閉塞状況を乗り越え、イスラーム世界の全体像を理解する枠組みを提示し、真の「対話」の可能性を探る。サントリー学芸賞受賞作に新たに8篇の論考を収録。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/5/9
  • 判型四六判
  • ページ数536ページ
  • 定価本体2600円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-004834-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

 文芸セクション:
   
 学芸編集部:
   
 特別編集部:
   

単行本ニュース・トピックス

2019/05/18
『牡蠣の森と生きる』の畠山さんによるトーク&サイン会のお知らせ
2019/05/12
『つみびと』刊行記念 山田詠美さんサイン会のお知らせ
2019/04/29
天野純希著『もののふの国』、薬丸岳著『蒼色の大地』刊行記念サイン会&トークショウを開催します。
2019/04/26
三浦しをん著『愛なき世界』が日本植物学会賞の特別賞を受賞
2019/04/16
『風景論』著者、港千尋さんが2019年日本写真協会賞 学芸賞を受賞

単行本ランキングベスト5

総合ランキングベスト5