ホーム > 新書 > 海外で研究者になる

中公新書

海外で研究者になる

就活と仕事事情

増田直紀 著

日本人の研究リーダーたちが世界の大学で活躍している。どうすれば海外で研究者になれるのか。応募書類の書き方から、面接の実際、待遇交渉まで、イギリスの大学に就職した著者が詳説。昇進は自己申告制、会議は家庭の用事で欠席可能、公費でティータイム、意外と親身な学生指導など、異文化での研究生活をリアルに描写。各国で活躍する研究者17人へのインタビューも収録。研究職だけでなく、海外で働こうとする日本人必読。

書誌データ

  • 初版刊行日2019/6/19
  • 判型新書判
  • ページ数272ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102549-4

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・国際貿易2019年10月15日号
・読売新聞(朝刊)2019年9月8日/三中信宏(進化生物学者)
・朝日新聞(朝刊)2019年9月7日
・週刊エコノミスト2019年7月30日号
・サンデー毎日2019年7月28日号/開沼博(立命館大学准教授)
・週刊文春2019年7月25日号



関連書籍

web中公新書