ホーム > 新書 > 戦国日本と大航海時代

中公新書

戦国日本と大航海時代

秀吉・家康・政宗の外交戦略

平川新 著

15世紀以来、スペインやポルトガルはキリスト教布教と一体化した「世界征服事業」を展開。16世紀にはアジアに勢力を広げた。本書は史料を通じて、戦国日本とヨーロッパ列強による虚々実々の駆け引きを描きだす。豊臣秀吉はなぜ朝鮮に出兵したのか、徳川家康はなぜ鎖国へ転じたのか、伊達政宗が遣欧使節を送った狙いとは。そして日本が植民地化されなかった理由は――。日本史と世界史の接点に着目し、数々の謎を解明する。

書誌データ

  • 初版刊行日2018/4/19
  • 判型新書判
  • ページ数304ページ
  • 定価本体900円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102481-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本経済新聞(朝刊)2018年8月11日
・第三文明2018年8月号/著者インタビュー
・朝日新聞(朝刊)2018年6月25日
・潮2018年7月号
・日本経済新聞(朝刊)2018年6月2日/羽田正(東京大学教授)
・河北新報2018年5月27日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2018/06/15
『兼好法師』が第3回「西脇順三郎学術賞」を受賞
2018/06/08
『プロテスタンティズム』が第19回「読売・吉野作造賞」を受賞
2018/03/13
『人口減少時代の土地問題』が第8回「不動産協会賞」を受賞
2017/12/19
『応仁の乱』が第52回「書店新風賞」の特別賞を受賞
2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5