ホーム > 新書 > 日本の公教育

中公新書

日本の公教育

学力・コスト・民主主義

中澤渉 著

教育無償化、学力低下、待機児童など、近年の教育の論点は多岐にわたる。だが、公費で一部もしくは全体が運営される学校教育=公教育とはそもそも何のためにあるのか。実際に先進国の中で公教育費が少ない日本には、多くの課題が山積している。本書は、学校とそれを取り巻く環境を歴史的背景や統計などのエビデンスを通して、論じる。そこからは、公教育の経済的意義や社会的役割が見えてくるだろう。

書誌データ

  • 初版刊行日2018/3/22
  • 判型新書判
  • ページ数280ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102477-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊教育資料2018年10月22日号/飯田稔(千葉経済大学短期大学部名誉教授)
・教職研修2018年8月号/児美川孝一郎(法政大学教授)
・週刊読書人2018年7月27日号/府川源一郎(日本体育大学教授)
・週刊東洋経済2018年6月9日号/河野龍太郎(BNPパリバ証券経済調査本部長)
・週刊文春2018年5月31日号
・文藝春秋2018年6月号/武田徹(評論家・専修大学教授)
・朝日新聞(朝刊)2018年5月12日
・週刊ダイヤモンド2018年4月21日号/佐藤優(作家・元外務省主任分析官)



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2018/11/01
『倭の五王』が2018年度古代歴史文化賞優秀作品賞を受賞
2018/10/10
『日本軍兵士―アジア・太平洋の現実』が2018年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2018/06/15
『兼好法師』が第3回「西脇順三郎学術賞」を受賞
2018/06/08
『プロテスタンティズム』が第19回「読売・吉野作造賞」を受賞
2018/03/13
『人口減少時代の土地問題』が第8回「不動産協会賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5