ホーム > 新書 > 発想法 改版

中公新書

発想法 改版

創造性開発のために

川喜田二郎 著

ここで語られる「発想法」つまりアイディアを創りだす方法は、発想法一般ではなく、著者が長年野外研究をつづけた体験から編みだした独創的なものだ。「データそれ自体に語らしめつつそれをどうして啓発的にまとめたらよいか」という願いから、KJ法が考案された。ブレーン・ストーミング法に似ながら、問題提起→記録→分類→統合にいたる実技とその効用をのべる本書は、会議に調査に勉強に、新しい着想をもたらす。

書誌データ

  • 初版刊行日2017/6/21
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体720円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-180136-4

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・しんくみ2017年8月号/森里陽一(社会生態学研究者)
・文藝春秋2017年8月号/佐藤優(作家・元外務省主任分析官)
・日本経済新聞(夕刊)2017年7月3日/潮崎久見子(日経新聞編集委員)



関連書籍

web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5