ホーム > 新書 > 続・発想法

中公新書

続・発想法

KJ法の展開と応用

川喜田二郎 著

前著『発想法』で公開したKJ法の実技をさらに発展させ、加えて実例・応用例・図解等を豊富にとりいれた本書は、自己革新のために、会議運営の効率化のために、新製品開発のために、チームワークのために、あるいはカウンセリングにと、その効用は著しいものがある。情報化社会といわれる今日、ソフトウェアのなかのもっともソフトな部分をうけもつKJ法の効力が再確認されている。『発想法』との併読をとくにおすすめしたい。

書誌データ

  • 初版刊行日1970/2/25
  • 判型新書判
  • ページ数328ページ
  • 定価902円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-100210-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

関連書籍

web中公新書