ホーム > 新書 > ラテンアメリカ文学入門

中公新書

ラテンアメリカ文学入門

ボルヘス、ガルシア・マルケスから新世代の旗手まで

寺尾隆吉 著

一九六〇~七〇年代に旋風を巻き起こし、世界に強い衝撃をもたらしたラテンアメリカ文学。その潮流はどのように生まれ、いかなる軌跡をたどったのか。ボルヘス、ガルシア・マルケス、バルガス・ジョサ、ボラーニョら作家の活動と作品はもとより、背景となる歴史、世相、出版社の販売戦略なども描き出す。世界的ブーム後の新世代の台頭にも迫った本書は、広大で肥沃な新しい世界へ読者を誘うだろう。ブックガイドにも最適。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/10/20
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体780円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102404-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・信濃毎日新聞2017年3月5日
・週刊読書人2016年12月23日号/立林良一(同志社大学准教授)
・サンデー毎日2016年12月4日号
・朝日新聞(朝刊)2016年11月20日
・日本経済新聞(朝刊)2016年11月6日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5