ホーム > 新書 > トウガラシの世界史

中公新書

トウガラシの世界史

辛くて熱い「食卓革命」

山本紀夫 著

比類ない辛さが魅力のトウガラシ。原産地の中南米からヨーロッパに伝わった当初は「食べると死ぬ」とまで言われた。だが、わずか五百年のうちに全世界の人々を魅了するに至った。ピーマンやパプリカもトウガラシから生まれた。アンデスの多様な野生トウガラシ、インドのカレー、四川の豆板?、朝鮮半島のキムチ、日本の京野菜……。各地を訪ね、世界中に「食卓革命」を起こした香辛料の伝播の歴史と食文化を紹介する。

書誌データ

  • 初版刊行日2016/2/25
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102361-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・国際貿易2016年6月14日
・農業新聞2016年5月8日
・しんぶん赤旗2016年4月3日
・読売新聞(朝刊)2016年4月3日/旦敬介(作家・翻訳家・明治大学教授)
・東京新聞(朝刊)2016年4月3日
・週刊エコノミスト2016年3月29日号/与那原恵(ノンフィクション作家)
・専門料理2016年4月号
・朝日新聞(朝刊)2016年3月27日
・朝日新聞(朝刊)2016年3月20日
・日刊ゲンダイ2016年3月16日/坂崎重盛(編集者・エッセイスト)
・週刊東洋経済2016年3月19日号
・夕刊フジ2016年3月8日
・日本経済新聞(朝刊)2016年3月6日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5