ホーム > 新書 > 仕事と家族

中公新書

仕事と家族

日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか

筒井淳也 著

男性中心の労働環境のため女性が活躍しづらく、少子化が深刻な日本。仕事と家族のあり方は限界にきている。一方、「大きな政府」を代表するスウェーデンと「小さな政府」を代表するアメリカは正反対の国と思われがちだが、実は働く女性が多く、出生率も高いという点で共通している。それはなぜか。歴史的な視点と国際比較を通じて日本の現在地を示し、目指すべき社会を考える。この国で働き、家族と暮らす全ての人へ。

書誌データ

  • 初版刊行日2015/5/25
  • 判型新書判
  • ページ数224ページ
  • 定価本体780円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102322-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

受賞歴

★第6回「不動産協会賞」受賞

書評掲載案内

・日本労働研究雑誌2016年6月号/池田心豪(労働政策研究・研修機構主任研究員)
・ダ・ヴィンチ2015年10月号
・日経ビジネスアソシエ2015年8月号
・公明新聞2015年7月20日
・労務事情2015年7月1日号
・産経新聞2015年7月5日
・日本経済新聞(朝刊)2015年6月21日
・朝日新聞(朝刊)2015年6月7日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/06/29
『入門 公共政策学』お詫びと訂正

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5