ホーム > 新書 > 歴史と私

中公新書

歴史と私

史料と歩んだ歴史家の回想

伊藤隆 著

日本近現代史研究を牽引してきた大家が、八〇年以上にわたる自らの歩みを語る。若き日の共産党体験、歴史観をめぐる論争、伊藤博文から佐藤栄作にいたる史料収集と編纂、岸信介、後藤田正晴、竹下登などへのオーラル・ヒストリー……。その秘話やエピソードは、歴史の面白さを伝えると同時に、史料を集め、次代へ引き継ぐ歴史家の責任の重さをも物語る。史料を駆使して、近現代史を切り開いた泰斗の稀有な回想録。

書誌データ

  • 初版刊行日2015/4/25
  • 判型新書判
  • ページ数304ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102317-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・信濃毎日新聞2015年6月28日/河野有理(首都大学東京准教授)
・産経新聞2015年6月28日/花房壮(産経新聞社会部)
・新潮45・2015年7月号/平山周吉(雑文家)
・文藝春秋2015年7月号/著者インタビュー
・東京人2015年7月号/山内昌之(明治大学特任教授)
・FACTA2015年6月号/山本一生(近代史研究家)
・日本経済新聞(朝刊)2015年6月7日/著者インタビュー
・週刊ダイヤモンド2015年5月23日号/佐藤優(作家・元外務省主任分析官)



web中公新書