ホーム > 新書 > 物語 エルサレムの歴史

中公新書

物語 エルサレムの歴史

旧約聖書以前からパレスチナ和平まで

笈川博一 著

一九八〇年代、イスラエルが占領地でユダヤ人入植を推進した際、パレスチナ人がオスマン・トルコの土地台帳を根拠に所有権を主張すると、入植者たちは旧約聖書に記された神とアブラハムの契約を示したという――。ダビデら古代の王の事績から、イスラム教徒の統治と十字軍、二回の大戦とイスラエル建国、そして戦争と和平交渉が繰り返される現代まで、聖書の記述が息づく「聖地」の複雑な来歴を、エピソード豊かに綴る。

書誌データ

  • 初版刊行日2010/7/25
  • 判型新書判
  • ページ数328ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102067-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書