ホーム > 新書 > 刑吏の社会史

中公新書

刑吏の社会史

中世ヨーロッパの庶民生活

阿部謹也 著

かつて社会にとって最も神聖な儀式であった・処刑・は、十二、三世紀を境にして、〓名誉をもたない〓刑吏の仕事に変っていった。職業としての刑吏が出現し、彼らは民衆から蔑視され、日常生活においても厳しい差別をうけた。都市の成立とツンフトの結成、それにともなう新しい人間関係の展開、その中で刑罰観はどのように変化していったか。刑罰観の変遷と刑吏差別の根源を追究する中で、庶民生活の実態を明らかにし、民衆意識の深層に迫る。

書誌データ

  • 初版刊行日1978/10/23
  • 判型新書判
  • ページ数208ページ
  • 定価本体660円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-100518-2

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5