ホーム > 新書 > 冷戦史(下)

中公新書

冷戦史(下)

冷戦史(下)

ベトナム戦争からソ連崩壊まで

青野利彦 著

キューバ・ミサイル危機後、泥沼化するベトナム戦争が世界に衝撃を与えた。1960年代末から米中ソはデタント(緊張緩和)へ向かうものの、70年代末には再び対立が深まり「新冷戦」と呼ばれた。だが、その背後では西側経済の優位と東アジア経済の躍進により、第三世界の国々が社会主義を放棄しつつあった。そしてソ連にゴルバチョフが登場し、冷戦は終焉を迎えるが――。戦争と対立が続く現代に、冷戦は何を遺したのか。

書誌データ

  • 初版刊行日2023/12/20
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価968円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102782-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・朝日新聞(朝刊)2024年1月27日/高谷幸(東京大学准教授)
・外交Vol.83 2024年1月/高橋和宏(法政大学教授)



関連書籍

web中公新書