ホーム > 新書 > 冷戦史(上)

中公新書

冷戦史(上)

冷戦史(上)

第二次世界大戦終結からキューバ危機まで

青野利彦 著

1945年に第二次世界大戦が終わると大国の協調は崩壊し、アメリカ中心の西側陣営とソ連中心の東側陣営による冷戦が始まった。ヨーロッパではドイツが東西に分断され、東アジアでは中国の国共内戦、朝鮮戦争という「熱戦」が勃発。さらに脱植民地化の潮流に米ソが介入し、冷戦は第三世界にも拡大した。上巻では、1962年のキューバ・ミサイル危機で核戦争寸前に至るまでを描く。世界的な視野から冷戦を俯瞰する通史。

書誌データ

  • 初版刊行日2023/12/20
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102781-8

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・朝日新聞(朝刊)2024年1月27日/高谷幸(東京大学准教授)
・外交Vol.83 2024年1月/高橋和宏(法政大学教授)



関連書籍

web中公新書