ホーム > 新書 > 日蓮

中公新書
日蓮

日蓮

「闘う仏教者」の実像

松尾剛次 著

地震や疫病、蒙古襲来など、激動の鎌倉時代を生きた日蓮。天台宗ほか諸宗を学び、三二歳で日蓮宗を開いて法華経の信仰を説いた。鎌倉を本拠に辻説法で他宗を攻撃して圧迫を受け、建白書『立正安国論』の筆禍で伊豆に、のちには佐渡に配流された。死をも恐れぬ「闘う仏教者」のイメージがある一方、民衆の苦しみに寄り添う姿も垣間見られる日蓮。自筆の書簡、数多くの著作をはじめ、史料を博捜して、その思想と人物像に迫る。

書誌データ

  • 初版刊行日2023/11/20
  • 判型新書判
  • ページ数224ページ
  • 定価924円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102779-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本歴史2024年4月号
・世界日報2024年3月16日/高嶋久
・仏教タイムス2024年2月22日・29日合併号
・読売新聞(朝刊)2024年2月18日
・山形新聞2024年1月24日/富塚正輝(エッセイスト)



関連書籍

web中公新書