ホーム > 新書 > アジア経済とは何か

中公新書

アジア経済とは何か

躍進のダイナミズムと日本の活路

後藤健太 著

戦後アジアをリードした日本経済。しかし20世紀の終わりから長期停滞に陥っている。一方、中国を筆頭にASEANなどのアジア諸国・地域は躍進し、21世紀は「アジアの世紀」とされる。日本の家電メーカーなどの凋落と、中国はじめアジア企業の急成長に象徴される激変の本質は何か。「グローバル・バリューチェーン」「インテグラル/モジュラー型」といった鍵となる概念をわかりやすく解説し、日本の活路を示す。

書誌データ

  • 初版刊行日2019/12/18
  • 判型新書判
  • ページ数240ページ
  • 定価本体820円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102571-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・中日新聞・東京新聞2020年3月8日
・日本経済新聞(夕刊)2020年1月9日/中沢孝夫(経営学者)



web中公新書