ホーム > 新書 > 菅原道真

中公新書

菅原道真

学者政治家の栄光と没落

滝川幸司 著

学者ながら右大臣に昇進するが、無実の罪で大宰府に左遷された菅原道真(845~903)。藤原氏の専横が目立ち始めたこの時期、学問を家業とした道真は、英邁で名高く、宇多天皇に見出され異例の出世を果たす。天皇による過大な評価・重用に苦悩しつつも、遣唐使派遣など重大な国政に関与。だが藤原氏の策謀により失脚する。本書は、学者、官僚、政治家、漢詩人として、多才がゆえに悲劇の道を辿った平安貴族を描き出す。

書誌データ

  • 初版刊行日2019/9/18
  • 判型新書判
  • ページ数280ページ
  • 定価本体860円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102559-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本経済新聞(朝刊)2019年11月2日
・週刊ダイヤモンド2019年10月12日号/佐藤優(作家・元外務省主任分析官)



web中公新書