ホーム > 新書 > 大隈重信(下)

中公新書

大隈重信(下)

「巨人」が築いたもの

伊藤之雄 著

大隈内閣は内紛のため四ヵ月で瓦解。苦難の時期を迎えるも、日露戦争後に早稲田大学総長や文明論者として活動、全国を積極的に遊説した。一九一四年に二度目の組閣を迎え、第一次世界大戦という難局にあたり日本の舵を取る。時にポピュリズム的手法を用い、「大平民」政治家として広汎な支持を集めた。下巻は、一九二二年に没するまでの「巨人」の後半生と晩年を辿る。葬儀に「百万人」が駆けつけた大隈の魅力を描き切る。

書誌データ

  • 初版刊行日2019/7/22
  • 判型新書判
  • ページ数392ページ
  • 定価本体1000円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102551-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊文春2019年10月3日号/堀川恵子(ノンフィクション作家)
・日本経済新聞(朝刊)2019年8月31日/井上寿一(学習院大学学長)
・夕刊フジ2019年8月9日



関連書籍

web中公新書