ホーム > 新書 > オスマン帝国

中公新書

オスマン帝国

繁栄と衰亡の600年史

小笠原弘幸 著

オスマン帝国は1299年頃、イスラム世界の辺境であるアナトリア北西部に誕生した。アジア・アフリカ・ヨーロッパの三大陸に跨がる広大な版図を築いた帝国は、イスラムの盟主として君臨する。その後、多民族・多宗教の共生を実現させ、1922年まで命脈を保った。王朝の黎明から、玉座を巡る王子達の争い、ヨーロッパへの進撃、近代化の苦闘など、滅亡までの600年の軌跡を描き、空前の大帝国の内幕に迫る。

書誌データ

  • 初版刊行日2018/12/20
  • 判型新書判
  • ページ数336ページ
  • 定価本体900円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102518-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日刊ゲンダイ2019年3月26日/石川理夫(温泉評論家)
・西日本新聞2019年2月23日/著者インタビュー
・読売新聞(朝刊)2019年1月20日
・日本経済新聞(朝刊)2019年1月19日



web中公新書