ホーム > 新書 > 山岳信仰

中公新書

山岳信仰

日本文化の根底を探る

鈴木正崇 著

出羽三山、大峯山、英彦山の三大霊場をはじめ、富士山、死者の魂が赴く立山と恐山、御座の木曽御嶽山、鎖禅定の石鎚山――。個性豊かな山々に恵まれた日本人の精神文化の根底には、山への畏敬の念が息づく。本書は山岳信仰の歴史をたどりつつ、修験道の成立と展開、登拝の民衆化と女人禁制を解説。さらに八つの霊山の信仰と祭祀、神仏分離後の状況までを詳解する。長年、山岳修験研究に携わってきた著者による決定版。

書誌データ

  • 初版刊行日2015/3/25
  • 判型新書判
  • ページ数320ページ
  • 定価本体880円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102310-0

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入

class=
※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・日本農業新聞2017年5月14日
・北海道新聞2015年6月28日
・世界日報2015年6月28日号/高嶋久
・在家佛教2015年6月号
・朝日新聞(朝刊)2015年5月3日
・産経新聞2015年4月26日



web中公新書

中公新書ニュース・トピックス

2017/10/04
『シベリア抑留』が2017年度「アジア・太平洋賞 特別賞」を受賞
2017/08/22
『ポピュリズムとは何か』が2017年度「石橋湛山賞」を受賞

中公新書ランキングベスト5

総合ランキングベスト5