ホーム > 新書 > 科 挙

中公新書

科挙

中国の試験地獄

宮崎市定 著

かつて中国では、官吏登用のことを選挙といい、その試験科目による選挙を「科挙」と呼んだ。官吏登用を夢みて、全国各地から秀才たちが続々と大試験場に集まってきた。浪人を続けている老人も少なくない。なかには、七十余万字にもおよぶ四書五経の注釈を筆写したカンニング襦袢をひそかに着こんだ者もいる。完備しきった制度の裏の悲しみと喜びを描きながら、試験地獄を生み出す社会の本質を、科挙制度研究の権威が解き明かす。

書誌データ

  • 初版刊行日1963/5/24
  • 判型新書判
  • ページ数234ページ
  • 定価本体680円(税別)
  • ISBNコードISBN978-4-12-100015-6

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・産経新聞2020年1月11日
・朝日新聞(朝刊)2019年12月21日/中村高康(東京大学教授)



web中公新書