ホーム > 新書 > 日本鉄道廃線史

中公新書

日本鉄道廃線史

日本鉄道廃線史

消えた鉄路の跡を行く

小牟田哲彦 著

野ざらしの廃車両、ぽっかりと闇をのぞかせる廃トンネル……全国に散在する廃線にも、かつては活気に満ちた時代があった。なぜこれらは廃止されてしまったのか。戦中の「不要不急路線」にはじまり、モータリゼーションや国鉄再建に伴う大量の廃止、近年の自然災害による廃線などを時代別・種類別に紹介する。そして現在、新たに巻き起こっている廃線論議の解決策はどこにあるのか。廃線からたどる日本交通史。

書誌データ

  • 初版刊行日2024/6/19
  • 判型新書判
  • ページ数264ページ
  • 定価1155円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102810-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書