ホーム > 新書 > 生き物の「居場所」はどう決まるか

中公新書

生き物の「居場所」はどう決まるか

生き物の「居場所」はどう決まるか

攻める、逃げる、生き残るためのすごい知恵

大崎直太 著

世界は広いが、それぞれの生き物が生きられるのは、ほんの小さな場所にすぎない。ウナギは川底の穴にしか棲めないし、モンシロチョウはいつもキャベツ畑を飛んでいる。生き物の居場所=ニッチは、なぜそこに決まっているのか。これまで餌や配偶者の存在などの理由が考えられてきたが、実は天敵の不在こそが何よりも重要なのだ。生き物たちの巧妙な生き方から、天敵不在と繁殖干渉という、生態学の核心的概念を紹介する。

書誌データ

  • 初版刊行日2024/1/22
  • 判型新書判
  • ページ数296ページ
  • 定価1155円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102788-7

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・週刊現代2024年1月27日号


web中公新書