ホーム > 新書 > 日本語の発音はどう変わってきたか

中公新書

日本語の発音はどう変わってきたか

日本語の発音はどう変わってきたか

「てふてふ」から「ちょうちょう」へ、音声史の旅

釘貫亨 著

問題「母とは二度会ったが父とは一度も会わないもの、なーんだ?」(答・くちびる)。この室町時代のなぞなぞから、当時「ハハ」は「ファファ」のように発音されていたことがわかる。では日本語の発音はどのように変化してきたのか。奈良時代には母音が8つあった? 「行」を「コウ」と読んだり「ギョウ」と読んだり、なぜ漢字には複数の音読みがあるのか? 和歌の字余りからわかる古代語の真実とは? 千三百年に及ぶ音声の歴史を辿る。

書誌データ

  • 初版刊行日2023/2/20
  • 判型新書判
  • ページ数256ページ
  • 定価924円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102740-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・本の雑誌2024年6月号/東えりか、仲野徹、冬木糸一
・文藝春秋2023年9月特別号/武田徹(評論家・専修大学教授)
・南日本新聞(朝刊)2023年8月19日
・朝日新聞(朝刊)2023年4月22日/天声人語
・日刊ゲンダイ2023年3月22日/著者インタビュー
・週刊文春2023年3月30日号/吉川浩満(文筆家)
・週刊新潮2023年3月30日増大号/林操(コラムニスト)
・読売新聞2023年3月19日
・神戸新聞2023年3月4日ほか
/共同通信配信、高見浩太郎
・産経新聞(朝刊)2023年3月4日/「編集者のおすすめ」
・日本経済新聞(朝刊)2023年3月4日
・週刊現代2023年2月25日号



web中公新書