ホーム > 新書 > 平氏―公家の盛衰、武家の興亡

中公新書

平氏―公家の盛衰、武家の興亡

平氏―公家の盛衰、武家の興亡

倉本一宏 著

清盛ら平家一門が権力を握ったのはわずか十数年。だが日本史において平氏の存在感は大きい。「源平合戦」で功績を挙げて鎌倉幕府を支えた御家人(北条氏、梶原氏、三浦氏など)の多くは平氏出身とされ、後世の織田信長も平氏の末裔を称した。本書は、平朝臣の姓を賜った天皇の子孫たちに始まり、朝廷に対して反乱を起こした平将門、公卿・実務官人として京都で活躍した堂上平氏など、公家・武家にわたる平氏の全貌を描く。

書誌データ

  • 初版刊行日2022/7/20
  • 判型新書判
  • ページ数312ページ
  • 定価1012円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102705-4

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書