ホーム > 新書 > 物語 パリの歴史

中公新書

物語 パリの歴史

「芸術と文化の都」の2000年

福井憲彦 著

古代ローマのカエサルのガリア遠征に始まり、フランク王国、ペストの流行、百年戦争、ルネサンス、絶対王政、フランス革命など、常に世界史の中心に位置してきたパリ。「芸術と文化の都」として、世界で最も多くの旅行者を惹きつけている。その尽きせぬ魅力の源は何か。歴史を彩る王たち、たび重なる戦争と疫病の危機、そして文学や思想、芸術、建築......。フランス史の達人とともに訪ねる二〇〇〇年の歴史の旅。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/8/19
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102658-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・公明新聞2021年11月22日/橘木俊詔(京都女子大学客員教授)
・毎日新聞(朝刊)2021年10月23日/本村凌二(歴史学者)
・図書新聞2021年10月30日号
・週刊読書人2021年10月15日号/自著紹介
・夕刊フジ2021年10月12日
・読売新聞(朝刊)2021年10月10日
・日本経済新聞(夕刊)2021年9月9日/中沢孝夫(経営学者)



web中公新書