ホーム > 新書 > 幣原喜重郎

中公新書

幣原喜重郎

国際協調の外政家から占領期の首相へ

熊本史雄 著

戦前に外相を4度務め、経済重視の国際協調を主導、戦後は占領下、首相として日本国憲法制定に尽力した幣原喜重郎。外交官の中枢を歩み、欧米との関係を重視した「幣原外交」は、軟弱と批判されながらも中国への不干渉を貫き、政党政治を支えた。満洲事変後の軍部台頭に引退を余儀なくされるが敗戦後、昭和天皇に請われ復活。民主化や憲法9条の成立に深く関与する。激動の昭和期、平和を希求し続けた政治家の実像に迫る。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/4/20
  • 判型新書判
  • ページ数288ページ
  • 定価968円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102638-5

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 
web中公新書