ホーム > 新書 > 戦後民主主義

中公新書

戦後民主主義

現代日本を創った思想と文化

山本昭宏 著

アジア・太平洋戦争の悲惨な経験から、多くの支持を得た戦後民主主義。日本国憲法に基づく民主主義・平和主義の徹底を求める思想である。だが冷戦下、戦争放棄の主張は理想主義と、経済大国化後は「一国平和主義」と批判され、近年は改憲論の前に守勢にある。本書は戦後の制度改革、社会運動から政治家、知識人、映画などに着目し、戦後民主主義の実態を描く。日本社会にいかなる影響を残したのか、その軌跡を追う。

書誌データ

  • 初版刊行日2021/1/19
  • 判型新書判
  • ページ数336ページ
  • 定価1012円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102627-9

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・神奈川新聞2021年5月16日ほか/香山リカ(精神科医)
・北海道新聞2021年5月3日/著者インタビュー
・日刊ゲンダイ2021年4月3日
・日本経済新聞(朝刊)2021年3月6日
・毎日新聞(朝刊)2021年2月20日/著者インタビュー



関連書籍

web中公新書