ホーム > 新書 > 法華経とは何か

中公新書

法華経とは何か

その思想と背景

植木雅俊 著

『法華経』は、釈尊入滅から約五百年後、紀元一世紀末から三世紀初頭のインド北西部で誕生したとされる。日本には六世紀半ばに伝わり、『法華秀句』を著した最澄や「法華経の行者」を自任した日蓮から、松尾芭蕉、宮沢賢治に至るまで、後世に広く影響を与えた。本書では、サンスクリット原典の徹底的な精読を通じて、「諸経の王」とも称される仏典の全体像を描き、平等な人間観に貫かれた教えの普遍性と現代的意義を示す。

書誌データ

  • 初版刊行日2020/11/24
  • 判型新書判
  • ページ数336ページ
  • 定価990円(10%税込)
  • ISBNコードISBN978-4-12-102616-3

書店の在庫を確認

オンライン書店で購入


※発売前、品切れ等で指定の購入ページに飛ばないことがあります。予めご了承ください。

SNS公式アカウント情報

   
 

書評掲載案内

・西日本新聞2020年12月5日


関連書籍

web中公新書